YBT Investment Strategies

米国株の長期投資に役立つ情報をお届けします。

YBT Investment Strategies イメージ画像

更新情報

本記事では、米国の景況感を示す重要指標をまとめています。 【最終更新】2020/12/11:2020年11月分を反映 雇用 失業率は米国の景況感を示す最も重要な指標の一つです。FRBは4.5%をもって完全雇用と判断しています。11月は6.7%で前月比マイナス0.2%でした。 製造業 ISM製造業
『景気指標まとめ(2020年12月現在)』の画像

米国を代表する企業100社で構成されるS&P100。その銘柄と基本データを簡単に理解しておくことは市場をよりクリアに見通し適切な銘柄を選択するのに役立ちます。ということで、この記事ではS&P100構成銘柄の一覧と基本データをまとめています。項目と出典は以下の通り。銘柄/
『【2020年版】S&P100全銘柄のPERや配当などの基本データをまとめました』の画像

今週火曜日に、ファイザー(PFE)を23株購入しました。配当金の再投資です。私は今年の夏からファイザーの株を買い始めていて、ファイザーへの投資はこれで3回目です。【1回目】【2回目】今回の投資により、同社の株の保有総額は約30万円になりました。さて、ファイザーとい
『配当再投資でPFEを約10万円分購入しました』の画像

少し前にアリババ(BABA)が魅力的に見えるという記事を書きました。アリババの売上高はアマゾンやフェイスブックを上回るスピードで成長しています。それでいて予想PERは26.32倍とあまり割高ではありません。上記の記事では「何かリスクがあるのかもしれない」というところ
『【記事紹介】アリババ(BABA)の事業リスク』の画像

2021年1月頃に新たな投資資金を約50万円用意できそうです。その資金を使って購入する銘柄は「長期保有に適した配当成長株」にしたいと考えています。この記事では、その候補である5銘柄(PEP / MMM / LMT / JNJ / MRK)の比較検討を行います。銘柄選択の基本方針今回はポート
『【銘柄比較】長期保有に適した配当成長株(PEP / MMM / LMT / JNJ / MRK)』の画像

2020年11月末のポートフォリオです。時価総額はおよそ2450万円で、前月比プラス250万円でした。ワクチンのニュースで株価がかなり上がりました。特にエクソンモービル($32.68→$40.81: +25%)、BP($15.32→$21.41: +40%)、ウェルズファーゴ($21.15→$28.59: +35%)など、
『2020年11月末のポートフォリオ(2450万円/+250万円)』の画像

保有はしていませんが、気になっている銘柄があります。中国のアリババ(NYSE: BABA)です。売上高は毎年大きく成長2016年度に1000億ドルだった売上高は、2020年度には5000億ドルになりました。たった4年間で5倍です。大型株でこれだけの速度で成長できる銘柄は限られていま
『魅力的に見えるアリババ(BABA)という銘柄』の画像

本ブログでは米国市場に上場する優良企業の分析を行っています。今回はアボット・ラボラトリーズ(NYSE: ABT)を分析します。基本情報米国を代表する医療機器企業です。米国株投資家の間では、ジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』においてフィリップ・モリス(現アルト
『【米国株分析】アボット・ラボラトリーズ(ABT)の業績/株価/配当―2010年代も高リターンだった数少ないシーゲル銘柄』の画像

↑このページのトップヘ