YBT Investment Strategies

米国株の長期投資に役立つ情報をお届けします。

YBT Investment Strategies イメージ画像

更新情報

「株式投資の未来」では、1957年から2003年までのトータルリターンが示されていました。その後、米国で出版された続編『Stocks for the Long Run』(翻訳版は未発売)には、この期間を2012年まで延長し、1957年から2012年までのトータルリターンを調べた「改定版シーゲル銘柄
『【シーゲル銘柄その後】『株式投資の未来』上位20銘柄の現在までのリターンを調べてみた』の画像

ファイザー(PFE)を25株購入しました。今年と来年は製薬会社を買い増して行く予定です。今のところ候補はPFEとABBVを考えています。これでPFEは合計58株(約20万円)になりました。
『ファイザー(PFE)を10万円分購入!』の画像

アップル・マイクロソフト・ビザの株価は2010年代を通して大きく成長しました。(Chart by TrendVeiw)【2010年から2020年までのパフォーマンス】アップル:14倍ビザ:9倍マイクロソフト: 6倍S&P:2倍しかし、このパフォーマンスが純粋に業績の伸びによってもたらされたかとい
『アップル(APPL)・マイクロソフト(MSFT)・ビザ(V)のPERはこの10年上昇し続けてきた。2020年代はバリュエーション見直しによる株価の上昇は見込めない』の画像

今回はコカ・コーラ(NYSE: KO)を分析します。概要世界中で親しまれているコーラですが、近年は健康志向の高まりから、炭酸飲料離れが進んでいます。それが株価に現れ始めたのが2015年頃で、以来KOの株価は伸び悩みました。全世界で事業を展開するコカ・コーラにとってはド
『【米国株分析】コカ・コーラ(KO)の事業内容/業績/将来性―構造改革を経て業績は上昇基調に』の画像

今回はエクソンモービル(NYSE: XOM)を分析します。概要かつて時価総額が世界一位だった大企業です。今回業績を見て思いましたが、近年低迷しているとは言え、やはり巨大な企業です。これまで分析したMOやSBUXとはゼロの数が一つ違いました。XOMは世界各地で原油・ガスの採
『【米国株分析】エクソンモービル(XOM)の事業内容/業績/将来性―配当は払い続けられるのか?!』の画像

SBI証券から9864万円が不正出金されたというニュースが報じられています。私もSBI証券に口座を持っており、念のためログインして確認しました。私が株式投資を始めた時、最初に開設したのは楽天証券の口座です。その後、資産が2000万を超えた頃にもう一つ口座が欲しいと思い

今回はフィリップ・モリス・インターナショナル(NYSE: PM)を分析します。どんな会社?フィリップ・モリス・インターナショナルは2008年にアルトリアグループからスピンオフされた会社で、米国外でのたばこ販売を行っています(世界の180以上のマーケットで事業を行っていま
『【米国株分析】フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)の事業内容/業績/将来性―IQOSはたばこ業界を変えるか』の画像

自らの総資産額や損益を知らない投資家はほぼいないでしょう。誰もが普段から気にかけている項目です。一方、トータルリターンについては、概算こそすれど、正確には把握していない方が多いのではないでしょうか。というのも、・リバランスなどで売買するとその分が見込み損
『【米国株投資】これまでのトータルリターンは一体どれくらいなのか。確かめることで見えてくるものがある』の画像

今、米国市場を賑わせている企業があります。クラウド・データウェアハウスを提供するSnowflake(スノーフレーク)です。基本情報・会社名:Snowflake・ティッカー:SNOW(になる予定)・設立:2012年・本社所在地:カリフォルニア・従業員数:約1400人※早ければ今年9月か10
『【企業分析】IPOを控え注目を集めるSnowflakeはどんな企業か』の画像

↑このページのトップヘ