配当貴族銘柄は年に一度入れ替えが行われますが、2022年のそれが先日発表されました

【追加】
Brown & Brown Inc (BRO)
Church & Dwight Co (CHD)

【削除】
AT&T Inc (T)


入れ替え後の配当貴族銘柄は全部で65です。


AT&Tはメディア事業WarnerMediaをスピンオフするのに伴い減配するようです。一株当たり$2.08→$1.11と半減近い減配幅となります。分離されたWarnerMediaはディスカバリーと合併し新会社「ワーナー・ブラザース・ディスカバリー」になります。AT&Tはこれまで34年連続で増配していました。


Brown & Brown Incはフロリダに本社を置く保険会社です。1939年創業。現在の従業員は約11,000人。2021年売上高は31億ドル。予想PERは29倍。配当利回りは0.61%です。


Church & Dwight Coはニュージャージーに本社を置く家庭用品製造業者です。何を売っているかは下の画像を見るのが手っ取り早いでしょう。
our-brands-masthead-v2

ホームページより

会社の源流は1847年頃までさかのぼります。現在の従業員は約5,000人。2021年売上高は52億ドル。予想PERは32倍。配当利回りは1.04%です。

このチャーチ&ドワイトについて、ちょっと興味を持ったので軽く調べてみました。
売上高は堅調に増えています。
48911027_15503989720068_rId5_thumb

上のグラフは2018年までしかありませんが、調べると2019,2020,2021も順調に成長しているようです。ディフェンシブな事業を行っており、購入後は安心して保有できそうですが、PERが高めですね。株価が割安であれば、購入を検討しても良い銘柄だと思いました、