YBT Investment Strategies

米国株の長期投資に役立つ情報をお届けします。基本的に週2回更新です。

YBT Investment Strategies イメージ画像

投資戦略

SPXL、TQQQはそれぞれS&P500、Nasdaq100に3倍レバレッジをかけたETFです。下記のチャートを見るとわかりますが、景気拡大期には圧倒的なリターンをもたらします。SPLX vs S&P500TQQQ vs Nasdaqこの圧倒的なリターンを活用することで資産形成を加速させることができますが、何
『レバレッジETFは高難易度。減価の実例と倍率変更のリスク』の画像

今、アメリカのお金持ちは節税のためにBuy, Borrow, Die Strategy(買って借りて死ぬ戦略)なるものを活用しているそうです。どんな戦略かというと、1. 株や不動産などの資産を買い、2. それを担保にお金を借りて、3. 借りたお金で生活し、4. お金を返すことなく死ぬまで借り
『Buy, Borrow, Dieなる米国富裕層の節税法』の画像

2021年になり保有銘柄が大きく値上がりしました。それに伴いバリュエーションも上昇したので、最近は入金を行っていません。2020年代を通して株価が上がり続けていく可能性も否定できないため、配当金の再投資は継続しますが、円安傾向にあることも手伝って、新規入金には抵
『着実に積み上がるキャッシュの使い道を探す』の画像

前回の記事の続きです。今後バリュー株の時代が再び訪れるならば、どのようなシナリオが考えられるでしょうか。1. インフレにより金利が上昇物価が上がりすぎると、中央銀行はインフレを抑制するために金利を引き上げます。金利が上昇することで割引率も上昇します。将来生み
『保有銘柄のバリュー株が好調。市場は転換期を迎えたのか?(続き)』の画像

日々の値動きを観察していると、大抵の日は、ポートフォリオに上がっている銘柄と下がっている銘柄があり、総じてみれば市場平均に近い動きをするものですが、昨日(8月13日金曜日)は保有銘柄が妙に好調な日でした。S&P500は+0.16%、DOWは+0.04%、Nasdaqも+0.04%とほぼ変動
『保有銘柄のバリュー株が好調。市場は転換期を迎えたのか?』の画像

↑このページのトップヘ